西宮市の胃大腸内視鏡、心療、内科、往診は岸田内科クリニック

検査に対して不安や恐怖をお持ちではないでしょうか?

当院では苦痛のない内視鏡検査をめざし、十分な鎮痛・鎮静を行っております。

患者様お一人お一人にあわせた適量の鎮静剤を用いることにより 痛みを感じることなく検査を受けていただけるよう心がけております。

また、不安を少しでも軽くしていただけるよう、検査の必要性・前処置および検査の方法を事前に説明し、納得いただけるように努めております。

機器については、スタンダードプリコーション「血液、体液は感染源の可能性があるものとして取り扱う」という考え方のもと、ガイドラインに沿った内視鏡の洗浄・消毒を行っており、皆さまに安心して検査を受けていただけるよう準備しております。

仕事でお忙しい方のために午後からの検査にも対応しております。(詳しくはお問合せ下さい。)

 

わが国は欧米諸国に比べて胃がんが多いのが特徴的でしたが、内視鏡検査などの画像診断の普及により病気の早期発見・早期治療に効果を上げております。

その結果、罹患率は一位ですが、死亡率は減少し今や治る病気の仲間入りをしたといわれております。

大腸がんに関しては、移動手段の普及による運動不足と主に食生活の欧米化(高脂肪・高たんぱく・低食物繊維)が関連しているといわれております。男性に多く発症する傾向がありますが死亡数でみると、女性の大腸がん死亡数が胃がんを上まわり第一位となっております。検査に対する不安や苦痛、羞恥心から発見が遅れる傾向があるかと考えております。

癌以外にも、胃十二指腸潰瘍 逆流性食道炎 ピロリ菌の感染 潰瘍性大腸炎など内視鏡検査によって「早期発見」、そして「早期治療」により治癒・症状の改善が望める疾患が多くあります。

 検査に対する嫌なイメージ、不安、しんどかった思い出などお持ちの方も多いと思いますが もしも今、何か症状がおありでしたら ご相談いただければと思います。

きっと 検査に対する不安や、負のイメージは軽減されるだろうと思いますよ。

 

 

 

当クリニックの内視鏡機器

現在、オリンパス社製の経口胃内視鏡ファイバー2本、経鼻胃内視鏡1本、大腸内視鏡2本の計5本の内視鏡と光源装置2台を備え、感染にも十分な配慮をしています。

消毒に関して

当クリニックでは内視鏡学会で定められた消毒法を実施しております。

内視鏡の消毒はどうなってるの?と心配される方は少なくないと思います。内視鏡学会では、推奨する消毒法がいくつか、示されております。ただ一般の推奨されている洗浄方法でも機械の不具合や洗浄液の効果がたとえ低下してしまっていても、そのまま洗浄されてしまい、適切に洗浄されたことになってしまいます。当クリニックの洗浄装置は万が一、洗浄能力が低下して、基準を満たさない状態になってしまったときには、自動的に機械は停止してしまいます。すなわち洗浄終了イコール確実に洗浄ができたということがいえると思います。もっとも今まで機械が停止してしまったことはなく、常に適切な洗浄能力が維持できているようです。

楽な内視鏡検査を目指して

内視鏡検査はとても有用な検査とわかっていても、気持ち悪いのはどうも、と考える方は多いと思います。

当クリニックでは胃内視鏡検査では挿入時の苦痛を減らす二つの方法を選ぶことができます。

  1. 麻酔下経口胃内視鏡
  2. 経鼻胃内視鏡検査

内視鏡検査の予約法

胃内視鏡検査は当日、絶食(少量飲水可能)のみ、なので電話予約も受け付けています。その際鼻から挿入する経鼻内視鏡か、少し鎮静剤を注射して、楽に経口内視鏡あるいは、通常の経口内視鏡か、わかる方はお伝えください。もちろん、来院後、選択されても、問題ありません。

大腸内視鏡は、腸から便をすべて出してしまわないと、検査ができないので、検査食や下剤が必要です。また術前検査も必要なので、検査前に一度受診していただく、必要があります。もちろん予約はいりません。

楽な、胃内視鏡とは、簡単に言えば、病院で行う通常の、胃内視鏡検査の前処置に少し眠たくなる静脈注射をして、ほとんど眠った状態で行う内視鏡検査のことです。この方法は眠ってる間に検査が終わるので、非常に楽ですが、(胃内視鏡検査をしたことも覚えていない)、薬の量にもよりますが、検査が終わっても約1時間ほどベッドで眠っておられます。病院であまり行われないのは、一般に病院では、私が勤務してた時もそうでしたが、午前中に20人から30人の患者様の内視鏡検査を行っていましたが、もし全員がこの楽な方法でと希望されると、ベットがその人数分必要になってしまいます。実際に内視鏡室のとなりに、それだけのベッドのある部屋を確保しなければならないのと、病院では研修医のドクターも胃内視鏡検査をしますので、危険を伴う可能性もあるからです。

内視鏡でみた疾患などの例

十二指腸の変形